どれみはじめての会

  • ブログ
  • インスタグラム
  • オンラインショップ
  • オンラインショップ
  • LINE友だち
  • 資格講座はこちら

ブログ

ピアノが早く上達するための秘訣とは?

2023.7.12






「認知特性」って言葉聞いたことありますか?

簡単に言うと、外から得た情報を脳の中で理解・記憶して、表現する能力のこと。




人によって、この情報処理の方法が少しずつ違うんです。




まず1つ目は「視覚優位」といって、目で見た情報を処理することが得意なタイプ。もう1つは聴覚優位で、耳から情報を得て処理することが得意なタイプのこと。



これ、どっちの方が良いと思いますか?実は両方がバランスよく備わってるとピアノもぐんぐん上達しちゃうんです!



大切なのは、それぞれの強みを理解して、お子さんはどっちのタイプなのかを知り、足りないところをカバーしていくことです。これはピアノだけじゃなく、お勉強でも生かされそうですね♪




まず視覚優位さんがピアノで得意なことは「
読譜・初見(はじめて見た楽譜を演奏すること)」です。音の連なりを映像で見るのも得意なタイプですね。




反対に視覚優位さんが苦手なのは、暗譜。楽譜の情報をもとにしているので、それを取り去られるととっても不安になります。楽譜を読むことにウェイトが高くなっているので自分の奏でた音をもう1度聴き直す意識も少し薄いかもしれません。



そんな視覚優位さんをバランスよく聴覚優位にしてあげるには「聴奏」を取り入れることがおススメ♪




先生が手元を隠して弾いたものを真似っこしましょう!音そのものを真似するだけでなく、音の中のニュアンス、例えば、アクセント・音の切り方・レガートなどを細部にわたってマネすることで、自然に耳から情報をキャッチする習慣がつきますよ。



発表会で暗譜が必要な時も、2小説楽譜ありで弾く→楽譜をとって弾いてみる。次はこれを8小節にしてみる…と少しずつ楽譜から離れていきましょう。「間違っても良いからチャレンジしてみよう!」と励ましながらやってみましょう。



お家でも、楽譜は隣に置いて弾く→わからなくなったところはもう一度見る→また隣において弾く…この方法でちょっとずつトライしてみましょう。



聴覚優位については、また次回お話しますね。


視覚優位・聴覚優位それぞれの強みを生かしたピアノレッスンについて
YouTubeでもお話しています。ぜひチェックしてみてくださいね!
↓↓↓
愛されピアノ教室プロデューサー大部真美YouTube「





過去のブログ一覧

2024.2.28
レッスン中走り回る子 将来どうなった?
2024.2.21
お家でのワークでも指先を育てよう
2024.2.16
何度言っても子どもに伝わらない原因は?
2024.2.07
「ピアノに向いてないかも」と感じるとき思い出してほしいこと
2024.2.06
音符は読む?・・数える?
2024.1.16
幼児期に習い事をスタートするメリットとは
2024.1.12
自分の気持ちを伝えることが苦手な子への接し方
2024.1.03
3歳さんのどれみフレンズレッスンの様子
2023.12.28
ピアノの先生を選ぶ3つのポイント
2023.12.18
保護者様の疑問、レッスンには付き添いが必要・・?
2023.12.16
子どもへの「ピアノを弾く手の形」の伝え方
2023.12.04
イヤイヤ期3歳さんの対処法とは・・
2023.12.03
子どもがピアノを嫌いにならない3つのポイント
2023.11.20
音楽レッスンで得られる大切なこと
2023.11.10
子どもの将来のために身に着けておきたいことは?
2023.11.06
「集中させる」より「夢中にさせる」レッスン
2023.10.29
いつも同じところで間違える子への言葉かけ
2023.10.19
復習としてレッスンに取り入れるどれみフレンズレッスン
2023.10.18
子どものチャレンジ精神を育てる方法
2023.10.04
将来のIT社会への人材教育として「音楽教育」が注目されています
2023.9.29
子どもの可能性を引き出すためにやっておくことは?
2023.9.19
保護者様から嬉しいお言葉をいただいています
2023.9.15
どう選ぶ?リズムの読み方
2023.9.07
子どもの才能開花のために必要なこと
2023.9.05
様々なものに指先で触れて触感を刺激しよう!
2023.8.21
美味しい「ステーキ」のリズム・・?
2023.8.18
譜読みが遅い原因とは?
2023.8.07
音楽系習い事で育つ「非認知能力」
2023.7.25
子どもの能力を伸ばすピアノレッスンとは?
2023.7.17
お家でも楽しくできるワークの秘密♪
2023.7.12
ピアノが早く上達するための秘訣とは?
2023.7.03
幼児期から体験できるピアノを弾く手と身体
2023.6.26
ピアノの練習が楽しくなる!音符をスラスラ読むためには?
2023.6.22
階段とベルで学べる高い音・低い音
2023.6.15
ピアノベルで耳も育てています♪
2023.6.06
雨の日にお家でできる指先を使う遊び♪
2023.5.31
プレピアノってなんだろう!
2023.5.25
おままごとをしているように見えて・・実は♪
2023.5.17
様々な音や音楽に興味を示す幼児期にしてあげたいこと
2023.5.11
発表会後が大切♪振り返りを話しあって得たもの
2023.5.01
小さな生徒さんの歌にも気持ちが込められています♪
2023.4.24
幼児期から発表会に参加するメリットとは♪
2023.4.17
感情コントロールの始まりの時に・・
2023.4.09
幼児期に音楽教室へ通うメリットとは♪
2023.3.30
耳に意識を向けて様々な音を聴こう!
2023.3.20
幼児期における音楽体験がもたらすもの♪
2023.3.07
ピアノ購入でチェックしたいポイント♪
2023.2.27
歌で定着して来たドレミファソ♪
2023.2.21
レッスンに集中してもらう為に・・♪
2023.2.16
「興味」が楽しく続けられる秘訣♪
2023.2.02
季節を感じる豊かな心を育てたい♪
2023.1.20
イヤイヤ期の3歳さん、どう接していますか?
2023.1.11
まだ3歳、ピアノは必要?
2023.1.05
「プレピアノレッスン」ってなんだろう♪
2022.12.26
音符が読めるようになって大きく広がる世界♪
2022.12.19
ピアノの階段であそぼう!
2022.11.30
子供にどんな「褒め方」をしていますか?
2022.11.25
指先を使う遊びでおうちでも楽しもう♪
2022.11.16
幼児期の音楽体験で育む「非認知能力」!
2022.11.11
「高い」と「低い」の始まり♪
2022.11.04
自分で「楽譜」を作る、どれみでゴーわーく①!
2022.10.27
パズル感覚で楽しい♪鍵盤をつなげました
2022.10.20
「ご褒美」をやる気に繋げたい♪
2022.10.14
人見知りしちゃう生徒さんのレッスン♪
2022.10.05
癇癪を起こしている時に響く「特別感」♪
2022.9.27
子供の目がキラキラする!どれみフレンズわーく人気のヒミツ♪
2022.9.19
「大好き!」が「嫌い!」にならないために
2022.9.10
どれみフレンズレッスン保護者様のご感想は・・♪
2022.9.02
読譜は歌と振付けで覚えちゃおう!
2022.8.17
子供のイヤイヤ!が始まってしまった!レッスンの現場でも使える対応法とは♪
2022.8.09
読譜のコツが掴めるのもどれみフレンズレッスンの魅力です♪
2022.8.03
3才になったばかりの生徒さん、ある日のレッスン♪
2022.7.28
ピアノベルで音の響きを聴こう♪
2022.7.14
子供の心理特性「アニミズム」に着目したレッスンをしています♪
2022.7.05
ベルで体感!脱力して鳴らそう♪
2022.6.29
ママと一緒にワークをお家で楽しもう♪
2022.6.21
小さな子どもの心に響く褒め方とは・・?
2022.6.14
もうすぐ3歳さん♪ある日のレッスン日記
2022.6.06
大人がチェックしてあげたい子供のピアノを弾く姿勢
2022.5.31
子供がピアノを弾きたくなる環境づくりとは?
2022.5.26
子供達がワクワクするオノマトペを使おう♪
2022.5.18
オリジナルソングで楽しく歌いながら覚えよう!
2022.5.10
耳を育てると良い理由
2022.5.07
楽しい体験レッスンへようこそ♪
2022.4.24
音の並びを覚えるとは・・
2022.4.20
ピアノの練習 おうちでの向き合い方は?
2021.6.29
子どものイヤイヤ期、どう向き合う?
2021.6.22
ピアノを弾くために準備しておくべきことは?
2021.6.16
レッスンの「ねらい」を忘れずに!
2021.6.14
ピアノが楽に弾けるようになるレッスンです
2021.6.07
鍵盤とドレミの位置の楽しいおぼえ方②
2021.6.02
鍵盤とドレミの位置の楽しいおぼえ方①
2021.6.01
和音をスラスラ読むためのコツ②
2021.5.28
和音を読むためのコツは?①
2021.5.21
3歳さんが集中できるレッスンのポイントとは?
2021.5.18
子どもの脳がフル回転するレッスンです!
2021.3.29
達成感がやる気を引き出します。
2020.9.30
感性を育むには?
2020.8.26
ピアノレッスンとママの気持ち
2020.8.24
2歳さん、3歳さんのレッスンで大切なこと