どれみはじめての会

  • ブログ
  • インスタグラム
  • オンラインショップ
  • オンラインショップ
  • LINE友だち
  • 資格講座はこちら

ブログ

子供についイライラしてしまう時に役立つ心理学的対処法

2024.6.03


3歳児の子育ては楽しい反面、ストレスも多く、時にはイライラしてしまうこともあります。しかし、イライラを子どもにぶつけることなく、上手に対処するためにはどうすれば良いのでしょうか?今回は、心理学的な観点から親がイライラを管理し、子どもに優しく接するための方法を紹介します。




1. 自分の感情を認識する

まず大切なのは、自分がどんな時にイライラを感じるかを認識することです。イライラの原因を理解することで、適切な対処がしやすくなります。心理学では、感情の認識を「エモーショナル・アウェアネス」と呼びます。感情を客観的に認識し、「私は今、怒りを感じている」と言葉にすることで、感情をコントロールしやすくなります





2. 深呼吸や瞑想を取り入れる

ストレスを感じた時に深呼吸をすることは、即効性のあるリラックス方法です。深呼吸は副交感神経を刺激し、リラックス効果をもたらします。また、瞑想もストレス管理に効果的です。1日数分でも、静かな場所で目を閉じて深呼吸を繰り返すことで、心を落ち着かせることができます。これにより、イライラを感じた時に冷静に対処できるようになります





3. 感情のアウトプットを見つける

感情をため込むのではなく、適切な方法で発散することも重要です。運動や趣味を通じてストレスを発散することで、イライラが軽減されます。例えば、ヨガやジョギング、読書や音楽鑑賞など、自分に合った方法を見つけましょう。これにより、日常的にストレスを減らし、穏やかな心で子どもに接することができます





4. ポジティブな自己対話を心がける

ネガティブな自己対話は、ストレスを増幅させる原因になります。「私はいい親じゃない」「何もできない」という思いが浮かんだ時は、「私は頑張っている」「少しずつ成長している」とポジティブな自己対話に切り替えることが大切です。心理学では、この方法を「認知再構成」と呼びます。ポジティブな自己対話を習慣化することで、自信を持って育児に取り組むことができます






5. 子どもの視点に立って考える

子どもが何かに反応している時、その背景にある理由を理解しようとする姿勢が大切です。3歳児はまだ感情のコントロールが未熟で、自己主張が強くなる時期です。子どもの視点に立って考えることで、無駄なイライラを避けることができます。子どもが何を感じているのかを理解し、共感することで、親子の信頼関係を深めることができます。




6. 支援を求める

周囲のサポートを受けることも、ストレス管理には欠かせません。家族や友人に話を聞いてもらったり、育児サポートグループに参加したりすることで、孤立感が和らぎます。また、専門家のアドバイスを求めることも一つの方法です。支援を受けることで、心の負担を軽減し、穏やかな気持ちで子どもに接することができます




3歳児の子育てでイライラしてしまうことは誰にでもあります。しかし、感情を認識し、適切に対処することで、子どもに優しく接することができます。今回紹介した方法をぜひ試してみてください。日常の中で少しずつ実践することで、親も子もより幸せな時間を過ごせるようになるでしょう。



過去のブログ一覧

2024.6.17
お家で指の発達を促す遊びをしよう
2024.6.16
時間が無いのはむしろチャンス!ピアノと勉強、意外な関係とは?
2024.6.09
当てはまる?ピアノに関するママやパパの勘違い3つ
2024.6.03
子供についイライラしてしまう時に役立つ心理学的対処法
2024.5.22
みんなの前ではやりたくない!人前で歌わないのはなぜ?
2024.5.21
音楽好きの子供にぴったり!心をくすぐる音楽絵本3選
2024.5.06
今日は気が乗らない?そんな時の子供への対応とは
2024.4.26
お家で誰でもできる!感性を育てるリズム遊び
2024.4.15
子供たちの変化と保護者様の声
2024.4.12
即興演奏って何?
2024.4.01
どれみフレンズで育つ「集中力」
2024.3.29
新年度の習い事に!リトミックで得られることは?
2024.3.20
幼児期からの才能を育む音楽教室選びの5つのポイント
2024.3.15
ピアノを弾くお指の準備 何から始める?
2024.3.04
遊びの中で「右手」「左手」を覚えよう
2024.2.28
レッスン中走り回る子 将来どうなった?
2024.2.21
お家でのワークでも指先を育てよう
2024.2.16
何度言っても子どもに伝わらない原因は?
2024.2.07
「ピアノに向いてないかも」と感じるとき思い出してほしいこと
2024.2.06
音符は読む?・・数える?
2024.1.16
幼児期に習い事をスタートするメリットとは
2024.1.12
自分の気持ちを伝えることが苦手な子への接し方
2024.1.03
3歳さんのどれみフレンズレッスンの様子
2023.12.28
ピアノの先生を選ぶ3つのポイント
2023.12.18
保護者様の疑問、レッスンには付き添いが必要・・?
2023.12.16
子どもへの「ピアノを弾く手の形」の伝え方
2023.12.04
イヤイヤ期3歳さんの対処法とは・・
2023.12.03
子どもがピアノを嫌いにならない3つのポイント
2023.11.20
音楽レッスンで得られる大切なこと
2023.11.10
子どもの将来のために身に着けておきたいことは?
2023.11.06
「集中させる」より「夢中にさせる」レッスン
2023.10.29
いつも同じところで間違える子への言葉かけ
2023.10.19
復習としてレッスンに取り入れるどれみフレンズレッスン
2023.10.18
子どものチャレンジ精神を育てる方法
2023.10.04
将来のIT社会への人材教育として「音楽教育」が注目されています
2023.9.29
子どもの可能性を引き出すためにやっておくことは?
2023.9.19
保護者様から嬉しいお言葉をいただいています
2023.9.15
どう選ぶ?リズムの読み方
2023.9.07
子どもの才能開花のために必要なこと
2023.9.05
様々なものに指先で触れて触感を刺激しよう!
2023.8.21
美味しい「ステーキ」のリズム・・?
2023.8.18
譜読みが遅い原因とは?
2023.8.07
音楽系習い事で育つ「非認知能力」
2023.7.25
子どもの能力を伸ばすピアノレッスンとは?
2023.7.17
お家でも楽しくできるワークの秘密♪
2023.7.12
ピアノが早く上達するための秘訣とは?
2023.7.03
幼児期から体験できるピアノを弾く手と身体
2023.6.26
ピアノの練習が楽しくなる!音符をスラスラ読むためには?
2023.6.22
階段とベルで学べる高い音・低い音
2023.6.15
ピアノベルで耳も育てています♪
2023.6.06
雨の日にお家でできる指先を使う遊び♪
2023.5.31
プレピアノってなんだろう!
2023.5.25
おままごとをしているように見えて・・実は♪
2023.5.17
様々な音や音楽に興味を示す幼児期にしてあげたいこと
2023.5.11
発表会後が大切♪振り返りを話しあって得たもの
2023.5.01
小さな生徒さんの歌にも気持ちが込められています♪
2023.4.24
幼児期から発表会に参加するメリットとは♪
2023.4.17
感情コントロールの始まりの時に・・
2023.4.09
幼児期に音楽教室へ通うメリットとは♪
2023.3.30
耳に意識を向けて様々な音を聴こう!
2023.3.20
幼児期における音楽体験がもたらすもの♪
2023.3.07
ピアノ購入でチェックしたいポイント♪
2023.2.27
歌で定着して来たドレミファソ♪
2023.2.21
レッスンに集中してもらう為に・・♪
2023.2.16
「興味」が楽しく続けられる秘訣♪
2023.2.02
季節を感じる豊かな心を育てたい♪
2023.1.20
イヤイヤ期の3歳さん、どう接していますか?
2023.1.11
まだ3歳、ピアノは必要?
2023.1.05
「プレピアノレッスン」ってなんだろう♪
2022.12.26
音符が読めるようになって大きく広がる世界♪
2022.12.19
ピアノの階段であそぼう!
2022.11.30
子供にどんな「褒め方」をしていますか?
2022.11.25
指先を使う遊びでおうちでも楽しもう♪
2022.11.16
幼児期の音楽体験で育む「非認知能力」!
2022.11.11
「高い」と「低い」の始まり♪
2022.11.04
自分で「楽譜」を作る、どれみでゴーわーく①!
2022.10.27
パズル感覚で楽しい♪鍵盤をつなげました
2022.10.20
「ご褒美」をやる気に繋げたい♪
2022.10.14
人見知りしちゃう生徒さんのレッスン♪
2022.10.05
癇癪を起こしている時に響く「特別感」♪
2022.9.27
子供の目がキラキラする!どれみフレンズわーく人気のヒミツ♪
2022.9.19
「大好き!」が「嫌い!」にならないために
2022.9.10
どれみフレンズレッスン保護者様のご感想は・・♪
2022.9.02
読譜は歌と振付けで覚えちゃおう!
2022.8.17
子供のイヤイヤ!が始まってしまった!レッスンの現場でも使える対応法とは♪
2022.8.09
読譜のコツが掴めるのもどれみフレンズレッスンの魅力です♪
2022.8.03
3才になったばかりの生徒さん、ある日のレッスン♪
2022.7.28
ピアノベルで音の響きを聴こう♪
2022.7.14
子供の心理特性「アニミズム」に着目したレッスンをしています♪
2022.7.05
ベルで体感!脱力して鳴らそう♪
2022.6.29
ママと一緒にワークをお家で楽しもう♪
2022.6.21
小さな子どもの心に響く褒め方とは・・?
2022.6.14
もうすぐ3歳さん♪ある日のレッスン日記
2022.6.06
大人がチェックしてあげたい子供のピアノを弾く姿勢
2022.5.31
子供がピアノを弾きたくなる環境づくりとは?
2022.5.26
子供達がワクワクするオノマトペを使おう♪
2022.5.18
オリジナルソングで楽しく歌いながら覚えよう!
2022.5.10
耳を育てると良い理由
2022.5.07
楽しい体験レッスンへようこそ♪
2022.4.24
音の並びを覚えるとは・・