どれみはじめての会

  • コラム
  • インスタグラム
  • オンラインショップ
  • オンラインショップ
  • LINE友だち
  • 資格講座はこちら

コラム

高い音と低い音 どうやって伝える?

更新日:2021.2.19

ピアノを弾く赤ちゃん

小さなお子さんにとって、微妙な音の高さを把握することは難しいこと。

なので、「極端に高い音」「極端に低い音」の両極端の音を体験する事から始めましょう。

 

リトミックなら、高い音は鳥が飛ぶ、低い音はモグラの穴掘りのようなイメージで音の高さの違いをキャッチして体で表現できます。

ピアノの場合は「高い音は鳥が鳴いている音」「低い音は、象さんがのしのし歩いている音」

というように、実際の音でダイナミクス(大きさ)を表せるものを表現した方が、音をキャッチするのが簡単。

 

「鳥さんが飛んできたね」「象さんのっしん」

遊びながらピアノの高い音・低い音を弾いてあげてね。